SEARCH

タグ: #ハードウェアウォレット の検索結果

2021/08/12 15:39

ビットコイン億万長者はどのように仮想通貨を保管しているのか?

2017年にビットコインに全額投資をした家族は、資産価格が約5000%上昇した今、どのようにその資産を保管しているのかを明らかにした。

2020/06/07 11:00

仮想通貨ウォレット「レジャー」のユーザー、分散型取引所DeversiFiに接続可能に

仮想通貨(暗号資産)ハードウェアウォレットを手掛けるレジャー(Ledger)は6月5日、ユーザーが自らのデバイスを分散型取引所(DEX)のDeversiFiに接続できるようになったと発表した。

2020/06/02 10:45

スマホで仮想通貨を使うことは「まだ完全に安全ではない」=ハードウォレット「レジャー」CTO

コインテレグラフは、仮想通貨(暗号資産)のハードウォレットを手掛けるレジャー(Ledger)のチャールズ・ギルメットCTO(最高技術責任者)にインタビューし、一般的なユーザーが仮想通貨を保護するためのベストプラクティスについて聞いた。

2019/10/17 12:00

XRPウォレットのファームウェア開発へ リップルの投資部門Xpringがスウェーデンのウォレット企業に投資【ニュース】

リップル社の投資部門Xpringは、スウェーデンのカストディスタートアップのTowoラブズに投資した。10月16日にブログで述べた。XRPレジャーの全取引タイプをサポートするXRPツールキットとハードウェアウォレットのファームウェアの新バージョン開発を目指す。

2019/06/01 10:00

ビットコイン/円価格を予想して「Nintendo Switch」をもらおう!

コインテレグラフ日本版は、ビットコイン/円価格を予想するトレーダーズカップを開催する。大手金融ポータルサイトであるInvesting.comとの共同企画となり、優勝者には「Nintendo Switch」がもらえる。もちろん2位と3位にも特典を用意している。トレーダーとしてバリバリ活躍している方からまだ投資の経験がない方まで、誰でも参加可能だ。

2019/03/07 15:51

SIMサイズの仮想通貨ウォレット 米スタートアップが発売

米国拠点のスタートアップ企業ボールトテル(VaultTel)が、スマートフォンのSIMカードトレイに収納する仮想通貨用小型ハードウェアウォレットを発表した。軍用グレードの暗号化規格AES 512によるデータ暗号化を行い、ウォレットへのアクセスにはパスワードと生体認証を利用する。

2018/12/10 03:04

XRP(リップル)、Siriから送金が可能に!|仮想通貨ニュース【12月9日】

siriでXRPが送金できるとか最先端!!<12月9日こよりが注目する仮想通貨ニュース> Siriへの音声指示によるXRP送金動画 Happy 🎅🏼 #XRPCommunity Tip $… 投稿 XRP(リップル)、Siriから送金が可能に!|仮想通貨ニュース【12月9日】 は CoinMagazine(コインマガジン) に最初に表示されました。

2018/11/27 11:22

ブルガリアの検察、約6億円の仮想通貨盗んだハッカーを逮捕

ブルガリア憲兵隊と特別検察官が、約6億円相当の仮想通貨盗難に関与した疑いで3名のハッカーを逮捕した。

2018/11/24 17:08

仮想通貨ハードウェアウォレットのレジャー、ビットコインキャッシュ関連サービスを再開

仮想通貨ハードウェアウォレットのレジャーで、ビットコインキャッシュ(BCH)関連サービスが再開した。

2018/11/14 11:00

新たな仮想通貨ハードウェアウォレット「Kinco」を来年公開へ|仮想通貨ニュース【11月13日】

日本発のハードウェアウォレットは珍しい!<11月13日こよりが注目する仮想通貨ニュース> 株式会社GincoとLonghashが提携を発表、ハードウェアウォレット「Kinco」共同開発 仮想通貨ウォレットサービスを提供す… 投稿 新たな仮想通貨ハードウェアウォレット「Kinco」を来年公開へ|仮想通貨ニュース【11月13日】 は CoinMagazine(コインマガジン) に最初に表示されました。

2018/10/25 17:32

ソニー、ICカードを利用した仮想通貨のハードウェアウォレット技術を開発

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、ソニーのICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発した

2018/10/04 20:19

Zaif運営テックビューロ社、補償決定先送り

9月下旬に提供開始とされていた株式会社フィスコデジタルアセットグループからの50億円の支援について、協議が長引いています。 [btn class="lightning big"]Ledger Nano S(レジャーナノS) 公式サイトはこちら[/btn] 支援金についての協議継続を発表 仮想通貨の流出事件における現在の状況についてこのたび当社にて発生いたしました仮想通貨の流出事件におきまして、当社対応の進捗状況を公表いたします。https://t.co/36BFMF52KY— Zaif - 暗号通貨取引所 (@zaifdotjp) 2018年10月1日 9月に発覚した仮想通貨取引所Zaifのハッキングによる仮想通貨不正流出事件について、金融支援の協議継続となっている状況です。 10月1日、Zaif運営会社のテックビューロ株式会社がプレスリリースにて発表しました。 9月20日に同社より発表された計画によると、流出した顧客資産約45億円は株式会社フィスコグループの子会社(株式会社フィスコデジタルアセットグループ)を通じて50億円の金融支援を受けることで補償を行うとしていました。 当初は9月下旬には正式決定を公表、支援の提供を開始する予定でしたが、詳細についての協議が難航しているのか、正式契約締結に至っていない状況です。 なお、「顧客資産の補償に万全を期す方針に変更はなく、具体的な対応の詳細について現在も検討を続けている」とのことです。 個人でも仮想通貨管理に対する意識をあげよう 株式や投資信託などと違い、仮想通貨には決められた顧客への補償という基盤が整っておらず、今後も同様な事件が起きた際に、必ず資産が戻ってくるとは言い切れません。 もちろん正式に補償されるシステムを構築することが望ましいですが、動かす予定のない仮想通貨は取引所には置いておかないなど...

Follow Us

最新情報をお届け