SEARCH

タグ: #米国 の検索結果

2020/09/11 19:06

米国で浮上する2回目の現金給付の可能性、仮想通貨ビットコインにもプラス

米議会上院は9月10日、1,200ドルの小切手の新しいラウンドを含まない景気刺激策の提案を拒否した。これにより、個人への給付を含む新しい提案の可能性が高まり、ビットコイン(BTC)相場への新しい触媒として機能する可能性がある。

2020/09/11 13:50

米財務省、選挙干渉に関与したロシア人ハッカーの仮想通貨アドレスを制裁リストに

米財務省は9月10日、米国の選挙に干渉しようと工作していたロシア人を制裁対象のリストに加えた。この中で、制裁対象となった複数のロシア人ハッカーと関連する仮想通貨(暗号資産)ウォレットアドレスがリストアップされている。

2020/08/29 09:00

米司法省、北朝鮮と関連する仮想通貨アカウント280個を特定

米司法省は8月27日の声明で、北朝鮮のアクターによる仮想通貨取引所の2つのハッキングを対象ととした財産没収の申し立てを行ったと発表した。

2020/08/28 17:31

米SECでの「適格投資家」の定義修正、仮想通貨業界への影響は? 業界リーダーたちは好意的に評価

仮想通貨(暗号資産)コミュニティの主要プレイヤーたちは、最近の米証券取引委員会(SEC)による「適格投資家」の定義修正について、それをどう評価するのかを議論している。多くの人々は、肯定的に評価しているが、新しいルールでは十分ではないという声もある。

2020/07/19 10:00

ワシントンDCのロビイスト、パンデミック後に仮想通貨に対する規制当局の態度の変化を目撃

ワシントンDCで仮想通貨及びブロックチェーンのためにロビー活動を行っている主要人物数人が7月16日、サークル社のジェレミー・アレールCEOと規制について議論している。この中で彼らは、この分野における規制当局側の教育と関心に大きな高まりが見えると語った。

2020/07/18 12:06

リップルのガーリングハウスCEO、仮想通貨規制で中国が米国よりも先行する可能性指摘

リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは、仮想通貨(暗号資産)の規制領域において、中国は米国よりも先行していると考えている。

2020/07/18 09:00

ビットコインマイニングにおける中国のシェアは50%、米国は14%に=BitOodaがレポート

新しい調査によると、ビットコイン(BTC)マイニングにおける中国の存在感は、人々が考えているよりも実際ははるかに少ないようだ。

2020/06/25 18:50

次世代の金融システムを巡る米中テック冷戦、「米国はブロックチェーンへの関与を強化せよ」 リップル会長が警鐘

リップルの共同創業者兼会長のクリス・ラーセン氏は、米国と中国との間で「次世代の金融システム」を巡る競争が始まっていると主張している。

2020/06/05 17:49

全米デモ、仮想通貨を買うことも効果的な抗議に 『ビットコイン&ブラックアメリカ』著者が語る

『ビットコイン&ブラックアメリカ』の著者イザヤ・ジャクソン氏は、米ミネアポリスで発生したジョージ・フロイド氏の暴行死事件と、警察に対する抗議活動を巡り、コインテレグラフの取材に応えた。

2020/04/21 11:30

米商品先物取引委員会、仮想通貨企業のビットノミナルにビットコインデリバティブを許可

ビットノミアル(Bitnomial)取引所は20日、米商品先物取引委員会(CFTC)から「指定契約市場(DCM)」としての認定を受けた。これにより、同社はビットコイン(BTC)先物やBTCオプション取引といった仮想通貨デリバティブ取引が可能となる。

Follow Us

最新情報をお届け