SEARCH

タグ: #重要度3 の検索結果

2020/02/27 11:12

速報 仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判 リップル社の申立てに対し新展開

リップル裁判、最新展開仮想通貨(暗号資産)XRPの有価証券問題を巡る裁判は新たな展開を迎えた。裁判官は米国時間26日、リップル社側が要求していた訴訟取り下げの申立ての一部を「棄却」すると共に、原告側に訴訟主張の一部内容を修正するよう言い渡し...

2020/02/26 07:48

米CNN、今年初めてビットコインを主題に番組放映 「仮想通貨マイニング・バッフェトのBTC批判など」

米CNN、ビットコイン評論に米仮想通貨(暗号資産)ファンドモルガンクリークデジタルの責任者「Pomp」は米CNNの経済番組に出演し、ビットコインに関する最新の話題について様々な意見を語った。CNNは先日リップル社CEOには二度目の取材を行な...

2020/02/23 12:21

米国民的アニメ「シンプソンズ」、仮想通貨の仕組みを紹介 未来予想でも注目の声

ザ・シンプソンズで、仮想通貨紹介米国の国民的アニメ「ザ・シンプソンズ」の最新エピソード(13)で、仮想通貨(暗号資産)を紹介する内容が放映された。「クリプトカレンシー」をテーマに、著名俳優ジム・パーソンズが仮想通貨に関する簡単な解説を行なっ...

2020/02/22 14:40

「仮想通貨ビットコイン半減期に関する2つの観点」 コインベースによる考察

コインベース、半減期についての考察を発表2020年5月のビットコイン半減期を目前にして、米最大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースは、それに関する考察する記事を投稿したビットコインはマイニングによる報酬がそれまでの半分になる「半減期」を...

2020/02/19 07:47

BitMEX収益ランキング元1位、ビットコインやXRPなど仮想通貨の利確ポイントに言及

BitMEXの名人が予測ビットコイン著名トレーダーのAngeloBTCは2021年に向けて、ビットコインを含めた4つの仮想通貨銘柄に関する利確ポイントを語った。AngeloBTCは取引所BitMEXのリーダーボードの1位を数回獲得しているト...

2020/02/18 12:36

速報 FCoin、顧客資産持ち逃げの可能性か 仮想通貨ビットコインの出金履歴が確認

FCoinの出口詐欺疑惑海外仮想通貨取引所FCoinから顧客資産の出金が長期になるとの報告書が公開されてから1日、新たに「出口詐欺(持ち逃げ)」の可能性が浮上している。昨日のFCoinの公式ブログで、創業者の張建が公開した「FCoinの真実...

2020/02/15 14:45

米政府機関が「ブラックスワン」を調査へ 仮想通貨の台頭などを警戒

仮想通貨は米国の国際覇権を脅かす「ブラックスワン」か中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)などを統括する米国国家情報長官室(ODNI)は現在、米国出身の経済学博士号取得者を研究員として募集している。その調査内容は、「米ドルが世界の準備通...

2020/02/13 08:15

仮想通貨ネムのSymbol(シンボル) ローンチ目標時期を第2四半期に(4〜6月)

Symbolローンチの後方修正仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolを担当する移行委員会は、Symbolのローンチ目標時期を今年のQ2(4〜6月)に修正することを発表した。過去数週間に、ネットワークにいくつかのバグを発見したため、コア...

2020/02/13 06:45

米コインベース、ユーザー限定で仮想通貨証拠金取引を再開 レバレッジ3倍に

米コインベースが証拠金取引を再開米大手仮想通貨取引所コインベースは12日、ユーザーを限定して証拠金取引を再開。レバレッジは最大で3倍と設定している。コインベースは、イーサリアム(ETH)の価格が急落した後、2017年に証拠金取引を中止してい...

2020/02/12 16:15

仮想通貨ビットコインは「デフレの救世主」となるか、経済減退需要を専門家が考察

経済デフレとビットコインの上昇これまで、アルゼンチンやベネズエラ、ジンバブエなどの自国経済が不安な国々では「ハイパーインフレ」が進行しているために、本国におけるビットコインの出来高が上昇し、いわゆる「プレミアム価格」を付けてきた。しかし、今...

2020/02/08 16:15

金融庁、海外メディアに対し仮想通貨ETFなどへの見解示す

海外メディアが金融庁へ質問海外仮想通貨メディアBitcoin.comは、日本の金融庁に対し、仮想通貨ETF(上場投資信託)に関する質問を実施し、それに応じた金融庁の回答を公開した。「今春の施行が予定される改正金商法において、仮想通貨ETFは...

2020/02/07 08:12

仮想通貨に3年の規制猶予 米SEC理事が提案

クリプトママが提案「トークン販売の安全港」米SECのPeirceコミッショナー(愛称:クリプトママ)は、仮想通貨やトークンの販売に3年間の規制猶予期間を設ける必要性を強調。「セーフハーバー・ルール」の策定を提案した。セーフハーバー・ルールと...

Follow Us

最新情報をお届け