ビットバンク、4月からビットバンクの貸借取引を開始

bitbank2018031601


仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank)は、2018年4月より、仮想通貨の貸借取引サービス「仮想通貨を貸して増やす」の提供を開始すると発表した。

本サービスでは、ユーザーとビットバンクが仮想通貨における貸借取引契約を交わし、ユーザーは最大5%の料率を乗じた金額を1年後に受け取ることができる。

これを活用することで、ウォレット内で「ガチホ」している仮想通貨などをビットバンクに貸し出し、貸出数量に応じて3〜5%の利息を得ることができるという。

サービスの利用については、ビットバンクに口座を持つ全ユーザーが対象。まずはビットコイン建の貸し出しサービスを行い、将来的にはリップル(XRP)、モナーコイン(MONA)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)などの通貨に関しても同様のサービスを検討中だ。


このニュースに対し、ユーザーの声は…




Follow Us

最新情報をお届け