GLOSSARY

仮想通貨用語集

RANKING

検索用語ランキング

セキュアエレメント【secure element】

Java Card(Javaスクリプトで制作されたアプリ)プラットフォームで設計された、工業規格チップのこと。特に決済用アプリで使用されることが多い。

ノンス【nonce】

nonce(Number used ONCE=一度だけ使われる数値)。暗号通信で利用されるランダムな使い捨ての値。PoWにおいて、ハッシュ関数に入力するための条件に合う値を求めるために使用される。出力値を元に入力値を割り出すことが不可能なため、総当たりでノンス値を求める必要がある。マイニングにおいては、条件に当てはまるノンス値を探すことを目的としており、最も早く探り当てたノードが新規ブロック...

中央集権【ちゅうおうしゅうけん】

Centralizationとも。仮想通貨業界では、国や特定の機関、団体が通貨の発行料などの管理を行うことを指す。例えば、日本円は日本銀行が発行量を管理しており、中央集権型の通貨と言える。これに対し、どの団体にも管理されていないことを「非中央集権(decentralized)」と言う。

FUD【ふぁっど/ えふゆーでぃ】

Fear, Uncertain and Doubt(恐れ、不安、疑い)の略。風評によって相場が下がる恐れから売りが発生し、さらに相場が下がること。

ウェブウォレット【web wallet】

ウォレット機能を有したWEBサイトのこと。専用サイトの他、取引所も厳密にはWEBウォレットの一種と言える。常にオンライン上に存在するため、ハッキングリスクは極めて高い。→ホットウォレット

トランザクション 【transaction】

transaction(取引)の意味。入出金などの各取引単位のことを指す。ブロックチェーン上では、1ブロックを1トランザクションと考える。

コイン【coin】

独自のブロックチェーン技術によって開発された、独立した暗号通貨のこと。←トークン

トークン【token】

既存の仮想通貨のブロックチェーン技術を活用し、独自の機能を持たせた暗号通貨のこと。トークンは、大元のブロックチェーン技術を活用して提供されるため、元となるコインの影響を受ける。←コイン

ローソク 【candle】

特定の期間中についた始値、終値、高値、安値を一本の棒状の図形に示したもの。これを用いたチャートを「ローソク足チャート」と言う。世界中で活用されているが、起源は出羽国の本間宗久が米取引に利用したものとされている。

チャート 【chart】

対象銘柄の価格を特定のタイムスパンでグラフ化したもの。

追証【おいしょう】

信用取引(レバレッジ)で、保証金を割る損失を出した場合に、保証金の額を維持するために追加入金が必要な資金のこと。

ポジション

投資用語で、金融商品を保持すること。

Follow Us

最新情報をお届け
Twitter

ツイッター