監視ツールのBUIDL、電力取引に関する実証実験完了[ブロックチェーン]

Y2


記事のポイント

BUIDL、電力取引に関する実証実験
FIT終了に備えた動き

株式会社BUIDLはブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)による電力と環境価値のP2P取引の要素技術の実証実験を完了したことを発表した。金融業界での業務効率化や取引における透明性・信頼性向上のためのブロックチェーン技術導入が進められているが、電力などのエネルギー取引に関してもブロックチェーン技術導入のための研究が活発的に行われている。
 
BUIDL、電力取引に関する実証実験
7月25日、株式会社BUIDLはブロックチェーン技術を活用した電気自動車(EV)による電力と環境価値のP2P取引の要素技術の実証実験を完了したことを発表した。同実証実験は、関西電力株式会社から委託を受けたものとなっている。
実証実験は、太陽光発電で発電された電力であることや施設で放電したことを検証するため、取引のマッチングを行うためにブロックチェーンを活用する。そして実験は、家庭の太陽光発電で発電された余剰電...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け