大手ベンチャーキャピタル、米SECに対し仮想通貨を証券として分類しないように要求

Vc to sec submit for cryptocurrency eyecatch




「ベンチャー・キャピタル・ワーキング・グループ(以下:VCWG)」としてセルフブランディングしているグループが米国証券取引委員会(SEC)に対し、いくつかのトークンと仮想通貨の規制に関して違法とならない範囲を定める「セーフ・ハーバー・ルール(安全港規定)」を提案した。
目次1 仮想通貨業界の大手ベンチャーキャピタル2社はSECに対抗2 仮想通貨は「証券」になりうるのか
仮想通貨業界の大手ベンチャーキャピタル2社はSECに対抗
2018年3月28日、ベンチャーキャピタルファーム「Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ)」によって集められた弁護士および投資家は、すべての仮想通貨を証券と定義し、より厳しい監督の対象とする法案に反対するロビー活動を行うためにワシントンでSECと会談を行った。
仮想通貨業界の大手2社であるアンドリーセン・ホロウィッツと、Union Square Ventures(ユニオン・スクエア・ベンチャーズ)もこのVC...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け