One of Investors' Favorite Governance Blockchains Is Handing Over $20 Million

Shutterstock 1115626937 1

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ガバナンス、暗号のホットなトピックの 1 つ今-、Decred 開発者のコミュニティが決めるべきことです。
そして、ポリティアと呼ばれるコミュニケーション ツールのリリースでは、方法ですぐに提供される彼らのコミュニティに $ 2000 万 DCR トークンを管理するために。
バック ステップ、Decred は bitcoin の早期に戻るそのランク開発者の間では 0、会社と呼ばれるスタートアップによって造られた日。例えば、Decred の CEO ジェイク Yocom Piatt 構築 btcsuite、Google のプログラミング言語を使用する bitcoin とやり取りするためのソフトウェア、行く、今、Decred の一部であるいくつかの他の開発者とチームします。
2015 年にビルディング スイート、いくつかの年を過ごした後、Yocom Piatt はどこ彼を詳述する堅牢なガバナンスの bitcoin の欠如という最終的に ho を実現ブログの記事を書いた.




Governance is one of the hottest topics in crypto right now – and Decred developers' take is that the community should decide.
And, by way of the release of a communication tool called Politeia, they will soon be giving that community $20 million in DCR tokens to manage.
Stepping back, Decred was built by a startup called Company 0, which has among its ranks developers that go back to bitcoin's early days. For instance, Decred's CEO Jake Yocom-Piatt built btcsuite, a software for interacting with bitcoin using Google's programming language, Go, with several other developers that are now part of the Decred team.
In 2015, after spending several years building the suite, Yocom-Piatt penned a blog post where he recounts realizing that bitcoin's lack of robust governance would eventually ho...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け