ウクライナ、暗号通貨合法化検討

S 14


記事のポイント

ウクライナ、暗号通貨合法化検討
明確な扱いを定め、税収増加の狙い
ウクライナの暗号通貨に対するこれまでの動き

ウクライナのメディアは同国政府が暗号通貨の合法化を検討していると報じた。同国委では以前から暗号通貨に対して友好的かつ慎重な議論が活発に交わされてきており、FATFによる国際的なガイドラインが公表されたことから、これに沿いながらこれまでの議論をまとめた法整備が行われるのではないかとみられている。
 
ウクライナ、暗号通貨合法化検討
9月27日、ウクライナのメディアは同国政府が暗号通貨の合法化を検討していると報じた。同国では暗号通貨に関する明確な法規制は整備されていないものの、暗号通貨の扱いに対する議論は頻繁に行われており、同分野に対して慎重な姿勢を保っている。今回の報道による合法化議論では、明確な扱いがわからずに合法でも非合法でもない状態の暗号通貨に地位を与えると同時に、同分野での税収を増やすことを考えているようである。

ウクライナ 天然資源に...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け