Blythe Masters Looks Beyond Finance for Next Wave of Blockchain Growth

Img 0249

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ブライス マスターの指示を聞いて、その翼を広げ、飛ぶに、デジタル資産 (DA) のための時がきた。
彼女は 2014 年に設立された分散元帳技術 (DLT) 会社は新しい段階に入る、他のものの間で、予告を簡素化し、技術を増殖する Google のクラウドとのパートナーシップ。
日には、DA の戦略は、そのレーザーのような焦点の大企業 blockchain 選手の中で際立っています。コンソーシアム、コンセプトの証明と同様に多くの時間を過ごす、代わりにニューヨーク ベースの会社は 1 つの大きな魚をランディングに集中。
それは昨年末オーストラリア証券取引所 (ASX) が正式にその老朽化したクリア家電子 Subregister システム (チェス)、現在進められている複数年にわたるプロジェクトを交換する DA を雇ったときにその目標を達成します。

今、海.




To hear Blythe Masters tell it, the time has come for Digital Asset (DA) to spread its wings and fly.
The distributed ledger technology (DLT) company she founded in 2014 is entering a new phase, heralded by, among other things, a partnership with Google Cloud to simplify and proliferate the tech.
To date, DA's strategy has stood out among the big enterprise blockchain players for its laser-like focus. Instead of spending a lot of time on consortiums, proofs-of-concept and the like, the New York-based company concentrated on landing the one big fish.
It achieved that goal late last year when the Australian Securities Exchange (ASX) officially hired DA to replace its creaky Clearing House Electronic Subregister System (CHESS), a multi-year project that's currently underway.

Now, hav...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け