$31 Million NEX Project Could Be Biggest Casualty of Blockchain Cuts

Screen shot 2018 08 24 at 4.28.00 pm

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


プロジェクトの無限大、NEX グループ (旧 ICAP) によって 5 月 2017 年に開始は分散元帳部門をこれまで見ている最大の流血を持つコスト約 $ 3170 万とジョブの hemorrhaged 数十元従業員と言う可能性があります。
ジェニー ナッツ、NEX 最適化の元頭主導プロジェクトは 1 つの相互運用可能な blockchain アーキテクチャに会社の全体のポスト トレード サービス ポートフォリオを持って来ることの壮大なビジョンを持っていた。NEX は、2017 年 10 月に利益警告を発行し、わずか 2 週間後でナッツは、会社を辞めた。
初期のプロジェクトのための打撃で結果ステートメントは具体的には、blockchain への投資は 4 ポイントの余白を減少するいたと述べた。
ソースと言う $ 55 億、CME にビジネスを販売する取り引きが発表した NEX 上司マイケル ・ スペンサー私.




Project Infinity, launched in May 2017 by NEX Group (formerly ICAP), could be the biggest bloodletting the distributed ledger sector has seen to date, having cost roughly $31.7 million and hemorrhaged dozens of jobs, former employees say.
Spearheaded by Jenny Knott, former head of NEX Optimisation, the project had a grand vision of bringing the company's entire post-trade services portfolio onto one interoperable blockchain architecture. However, NEX issued a profit warning in October 2017 and just two weeks later Knott left the company.
In a blow for the nascent project, the results statement specifically said the investment in blockchain had reduced margins by 4 percentage points.
Sources say a deal to sell the business to CME for $5.5 billion, announced by NEX boss Michael Spencer i...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け