The Double-Spend (What Bitcoin's White Paper Solved Forever)

Screen shot 2018 10 22 at 11.16.05 pm e1540632018263

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ビル Barhydt、ファウンダー兼 CEO のアブラ。
この排他的な意見の部分は、CoinDesk の「ビットコインで 10: ザ聡白書」シリーズの一部です。

私はそれがリリースされた後、数週間は初めて聡中本 bitcoin ホワイト ペーパーを読んで覚えています。私も本当に私の注意をつかんでフレーズを覚えている:「ピア ツー ピア分散タイムスタンプサーバを使用して取引... 順計算証明を生成する二重支出問題の解決策を提案する」

もちろん、現時点と思っていたのですが、"おっと、嘘のでしょう。どのように彼は可能性が解決策、ダブル-ピア ツー ピアは、問題をお過ごしですか?」
聡の革新まで、double-spend デジタル通貨トランザクションのアキレス腱-それは単に数字は不可能だった.




Bill Barhydt is the founder and CEO of Abra.
This exclusive opinion piece is part of CoinDesk's "Bitcoin at 10: The Satoshi White Paper" series.

I remember reading Satoshi Nakamoto's bitcoin white paper for the first time a few weeks after it was released. I also remember the phrase that really grabbed my attention:
"We propose a solution to the double-spending problem using a peer-to-peer distributed timestamp server to generate computational proof of the chronological order of transactions…"

Of course, at the moment, I thought, "Whoa, this can't be true. How can he possibly have a solution to the double-spend problem that is peer to peer?"
Up until Satoshi's innovation, the double-spend was the Achilles' heel of digital currency transactions – it simply wasn't possible for a digit...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け