How Commerzbank Is Throwing Out the Business Blockchain Playbook

Commerz e1529513854373

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


卓越性を争うビジネス blockchains の茄多、銀行が勝者を選択する圧力が強まる-結局のところ、ネットワーク効果なし、確かに利点が失われるだろうか。
従来の知恵が可能性があります、コメルツ バンク AG、ドイツの最大の金融機関の 1 つは別のやり方を取っています。いうよりもコンセプトの証明を構築するための 1 つのプロトコルを選択すると、それは 5 つを選択しました。
それは数年前 BigChainDB を開発プロセスに追加する前に、MultiChain の構築を始めた。その後は、3 つのコンソーシアムに加わりました: Hyperledger、R3 と、会社としては、今週、エンタープライズ Ethereum 同盟 (EEA) を明らかにしました。
しかし、戦略ではない知識の広範な基盤を造るか、または「1 つの賭け金をヘッジ」。またそれで散漫アプローチを採用について.




With a plethora of business blockchains vying for prominence, banks are under increasing pressure to pick a winner – after all, without network effects, surely the benefits would be lost?
While that might be conventional wisdom, Commerzbank AG, one of Germany's largest financial institutions, is taking a different tack. Rather than choose one protocol on which to build proofs-of-concept, it's chosen five.
It started out a few years ago building on MultiChain, before adding BigChainDB to its development process. Since then it has joined three consortia: Hyperledger, R3 and, as the company revealed this week, the Enterprise Ethereum Alliance (EEA).
But the strategy is not about building a broad base of knowledge or "hedging one's bets." Nor is it about employing a scattershot approach in...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け