Singapore Taps Blockchain Platform for Selling Tokenized Securities

Singapore flags

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


シンガポールの金融権限 (MAS)、シンガポール取引所 (SGX) は、トークン化された有価証券を販売するための安全なプラットフォームを作成する blockchain を探しています。
技術会社 Anquan コンサルティング巨大デロイト、ナスダック証券取引所オペレーター動作しますマスと SGX と資産を含むトークン化されたデジタル通貨、有価証券、よると、トークン化された資産の支払い (DvP) プラットフォームの配信を開発するにはプレス リリース。DvP プラットフォームは、同時にそれを支払うための資金が取引されている証券資産を取引することができます。
つまり、双方が同時にスワップ金スマート契約ネットワークを使用して資産のリリース説明します。このスワップは、異なる blockchain のプラットフォームで発生することができます。
仕事はパーになります.




The Monetary Authority of Singapore (MAS) and the Singapore Exchange (SGX) are looking to blockchain to create a secure platform for selling tokenized securities.
Technology firm Anquan, consulting giant Deloitte and stock exchange operator Nasdaq will work with the MAS and SGX to develop a Delivery versus Payment (DvP) platform for tokenized assets, including tokenized digital currencies and securities assets, according to a press release. The DvP platform will be able to simultaneously transact the securities asset being traded with the funds being used to pay for it.
In other words, both parties will simultaneously swap money for assets using a smart contract network, the release explained. This swap will be able to occur across different blockchain platforms.
The work will be a par...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け