Sweden's Land Registry Demos Live Transaction on a Blockchain

Chromaway land registry sweden june 11 2018 2.jpg

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


スウェーデンの土地レジストリ権限と参加している銀行、企業、ベンチャー企業のグループは、継続的な blockchain パイロットの第 3 段階を完了しました。
金曜日、Lantmäteriet は、パートナーの数の助けを借りて試験のチェックポイントを合格したことが発表されました。金融会社 SBAB 銀行 Landshypotek、blockchain スタートアップ ChromaWay、技術コンサルティングの不動産検索ポータル語 Svensk Fastighetsförmedling カイロス未来通信 Telai スウェーデン、それ会社エブリーがあります。
合計では、企業のグループのさまざまな要素を提供する、結合、blockchain パイロットのコンポーネントを形成します。たとえば、冬胞子堆とエブリー、買い手と売り手の間のライブ トランザクションを確認ツールを助けた声明によると。ライブ ・ デモンストレーションは、この週が含まれているクライアント側検証を実施.




Sweden's land registry authority and a group of participating banks, businesses and startups have completed the third phase of an ongoing blockchain pilot.
It was announced Friday that the Lantmäteriet has passed the testing checkpoint with the aid of a number of partners. These include financial firms SBAB Bank and Landshypotek, blockchain startup ChromaWay, tech consultancy Kairos Future, real estate search portal Svensk Fastighetsförmedling, telecom Telai Sverige and IT firm Evry.
The group of companies, in sum, provided different elements that, combined, formed the components of the blockchain pilot. For example, Telia and Evry helped verify a live transaction between a buyer and a seller, according to statements. A live demonstration conducted this week included client-side verifi...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け