China State TV: Token Sales Still 'Rampant' After Central Bank Ban

China state tv e1526979412692

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


中国中央テレビ (CCTV)、国のトップレベルの政府のマウスピースがヒットしているうち国内初期コインでいう製品 (アイコス) まだ"横行している、"2017 禁止にもかかわらず。
その「金融ニュース」は、月曜日夜放映プログラム中状態マスコミは、昨年 9 月に中国人民銀行が発行した ICO 禁止していた地元の投資家を躊躇するいないと述べた。代わりに、cryptocurrency スペースにラッシュを運転している取得リッチ クイック考え方。
CCTV に行き爆発中国暗号コミュニティの呼び出しの出現「空気コイン」- 法的に登録されているビジネス エンティティ -、空気コイン数は増加 30 回 ICO 弾圧以来主張して、支えられていないトークンのプロジェクトへの参照.
「多くのビジネス エンティティがそのプロジェクトを移動している間




China Central Television (CCTV), the country's highest-level government mouthpiece, has hit out at domestic initial coin offerings (ICOs) that it says are still "rampant," despite a 2017 ban.
During its "Financial News" program aired on Monday night, the state media outlet said that the ICO ban issued by the People's Bank of China last September had not deterred local investors. Instead, a get-rich-quick mentality is driving a rush into the cryptocurrency space.
CCTV went on to blast the emergence of what the Chinese crypto community calls "air coins" - a reference to token projects that are not backed by legally registered business entities - claiming that the number of air coins has increased by 30 times since the ICO crackdown.
"While many business entities have moved their projects...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け