Singapore Proposes Regulatory Boost for Decentralized Exchanges

Shutterstock 445497085

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


金融機関のシンガポール (MAS)、都市国家の事実上の中央銀行は、blockchain ベースの分散型交換のための市場参入を緩和すると既存の規則への変更を提案しています。
相談用紙によると火曜日に、MAS 状態、現在のシングル層「認識市場演算子」公開 (RMO) 規制の枠組みがこのような技術に基づく新たなビジネス モデルため需要を満たすことができるではないです。この問題に対処するため権限を小規模な exchange プラットフォームの市場へのアクセスを容易にするための試みの 3 層構造を導入する提案します。
「マスは、blockchain 技術、またはピア ツー ピア. することなく取引ができるプラットフォームの取引プラットフォームは取引設備などのモデルを使用して、新たなビジネス出現を観察するが




The Monetary Authority of Singapore (MAS), the city-state's de facto central bank, is proposing changes to existing regulations that would ease market entry for blockchain-based decentralized exchanges.
According to a consultation paper published on Tuesday, MAS states that the current single-tier "recognized market operators" (RMO) regulatory framework is not able to meet demand for new business models based on such emerging technologies. To address the issue, the authority proposes to introduce a three-tier structure in an attempt to ease market access for small-scale exchange platforms.
"MAS has observed the emergence of new business models in trading platforms, including trading facilities that make use of blockchain technology, or platforms that allow peer-to-peer trading without ...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け