Axoni, Clearmatics Claim Milestone for Blockchain Interoperability

Roads pavement e1526528482502

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


2 つの最も著名なベンチャー企業 blockchain ではハード、相互運用性の今一見避けられない問題に取り組むために提携です。
総意 2018年で今週は、Clearmatics と Axoni を示したどのように金融デリバティブ スマート契約、支払いのトリガーによって発行することができ、2 つの異なるネットワーク間の値のクロス チェーン原子移動を扇動します。これはデリバティブ取引契約を 1 つの企業 blockchain に由来されており別の解決の最初の時間をマークしました。
マイルス トーンは、相互運用性は今分散元帳技術 (DLT) の重要な設計目標として浮上しているので重要です。
金融の世界より少ないものを多く台帳の状態から移動可能性があります中、blockchain の建築家は、取引、お得な情報と transa を実現するために来ている.




Two of the most prominent startups in enterprise blockchain are teaming up to tackle the hard, but now seemingly inescapable problem of interoperability.
At Consensus 2018 this week, Clearmatics and Axoni demonstrated how a financial derivative can be issued via a smart contract, trigger a payment and then instigate a cross-chain atomic transfer of value between two distinct networks. This marked the first time a derivatives contract has been originated on one enterprise blockchain and settled on another.
The milestone is important because interoperability is now emerging as a key design goal of distributed ledger technology (DLT).
While the financial world may be moving from a state of many ledgers to fewer ones, blockchain architects have come to realize that trades, deals and transa...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け