1.2兆ドル規模の米インフラ法案の投票延期 仮想通貨条項で「ブローカー」定義が焦点に

1200 ahr0chm6ly9zmy5jb2ludgvszwdyyxbolmnvbs91cgxvywrzlziwmjetmdgvotnkzdhmnzetnjrmys00nmu1lthjogmtm2mwyjuzzjmxowvhlmpwzw==


コンパウンド・ファイナンスの顧問弁護士であるジェイク・チャービンスキー氏は9日、米国のインフラ法案に含まれる仮想通貨課税について、上院の投票で賛成68、反対29で本条項の審議が終了し、仮想通貨条項の修正案に関する投票は行われなかったと明らかにした。



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け