インドネシア税関、TradeLens利用[海上運送]

Q 7


記事のポイント

インドネシア税関、TradeLens利用
物流業の8割以上を占める海上運送
ブロックチェーン技術を活用した取引

インドネシア税関はブロックチェーン技術を活用した貿易プラットフォーム[TradeLens(トレードレインズ)]の利用を開始した。すでに同プラットフォームにはタイやカナダなどの国が参加している。
 
インドネシア税関、TradeLens利用
2月18日、IBM Indonessiaはインドネシア税関が、IBMと海運大手Maersk社(デンマーク)によって開発されたブロックチェーン技術を活用した貿易プラットフォーム[TradeLens(トレードレインズ)]の利用を開始したことを発表した。
TrandLensは前述の通り、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームであり、同プラットフォーム活用によって輸送時間の短縮や文書業務の削減、その他経費・時間の削減につながるという点だけでなく、同プラットフォーム運営の正当性や情報のプライバシー保護体制構築...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け