IMF Advises Against Crypto as Legal Tender in Marshall Islands Report

Imf

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


国際通貨基金 (IMF) は、マーシャル諸島の米ドルと並んで 2 番目の法貨としてデジタル通貨を導入する計画の共和国に対してアドバイスしています。
マーシャル諸島-中部太平洋の諸島のリモート チェーン-法律を可決した問題で、2 月にローカル経済を後押しし、カウンターから切断になる国家の増加リスク計画の「主権」cryptocurrency を目指して、グローバル金融システムです。
ただし、島からの関係者との協議の期間、IMF は月曜日に移動に対する助言に関する論文を掲載しました。新聞によると、マーシャル諸島の経済は今「依存性」対外援助、国顔一定の気候変動と自然災害として。
唯一のドーム.




The International Monetary Fund (IMF) has advised against the Republic of the Marshall Islands' plan to introduce a digital currency as a second legal tender alongside the U.S. dollar.
The Marshall Islands – a remote chain of islands in the central Pacific – passed a law on the issue in February, aiming for the planned "Sovereign" cryptocurrency to boost the local economy and counter the increasing risks of the nation becoming disconnected from the global financial system.
However, following a period of consultation with officials from the islands, the IMF published a paper on Monday advising against the move. According to the paper, the Marshall Islands economy is now "highly dependent" on external aid, as the country faces constant climate change and natural disasters.
The only domes...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け