A Bitcoin Mining Moratorium Was Just Avoided in Montana

Salon2

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


米国モンタナ州にあるミズーラ郡の公務員ではなく、cryptocurrency 鉱山周辺の新しい規制を検討することを決定した活動の完全禁止を求めます。
既報のように、鉱山労働者は安い電気へのアクセスを地域のおかげで描かれているが、力率のスパイクと騒音レベルの懸念をローカルの一時停止を呼び出すいくつかの住民をプッシュしています。オンラインで掲示される最近のコメントの多くはモラトリアム マイニング アクセス、大声でファンと電気空腹操作の有病率を引用のための呼び出しを含みます。
今、9 月 27 日の会議の後、ミズーラ郡の公式のウェブサイトに掲示されるメッセージによると、郡委員会のスタッフは鉱夫のための特定のルールの開発を始めています。
メッセージの説明:"[9 月 27 日 20.




Public officials in Missoula County, located in the U.S. state of Montana, have decided to look into new regulations around cryptocurrency mining rather than seek to ban the activity entirely.
As previously reported, miners have been drawn to the region thanks to access to cheap electricity, but local concerns about power rate spikes and noise levels have pushed some residents to call for a moratorium. Many of the recent comments posted online include calls for a moratorium on mining access, citing the prevalence of loud fans and electricity-hungry operations.
Now, according to a message posted to the official website for Missoula County after a meeting on September 27, County Commission staff have begun developing specific rules for miners.
The message explains:

"On September 27, 20...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け