Tether Code 'Flaw' Was Actually an Exchange Error

Usdt2

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


テザーのドル固定 cryptocurrency USDT のコードには可能性があります二重支出を許可するために悪用できるエラーが含まれている提案は、偽であると表示されます。
Blockchain セキュリティの両方から、最新の声明によると会社遅い霧、元の要求とテザー、USDT のソフトウェアを提供するスタートアップを作った会社と、問題は実際に exchange 統合上の欠陥まで。
木曜日に、遅い霧が WeChat の記事で交換は USDT、取引の詳細が"true"であることを確認する exchange ニーズと取引を行う場合それ以外の場合ダブル費用が発生することを主張するだった会社はさらに問題が悪用されていたことを示唆無名暗号交換を攻撃し、Twitter の投稿で、トランザクション データ ウィットのページを含まれている.




Suggestions that the code for Tether's dollar-pegged cryptocurrency USDT may contain an error that can be exploited to allow double spending appear to be false.
According to the latest statements from both blockchain security firm Slow Mist, the company that made the original claim, and Tether, the startup that provides software for USDT, the issue is actually down to an exchange integration flaw.
On Thursday, Slow Mist seemed to claim in a WeChat post that when an exchange is conducting a transaction with USDT, the exchange needs to verify that the transactions details are "true," otherwise a double spend can occur. The company further suggested that the problem had been used in an attack on an unnamed crypto exchange, and, in a post on Twitter, included a page of transaction data wit...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け