SBIの取引所開始は早くて夏、待ち遠しい

Publicdomainq 0015430myt 1


SBIホールディングスは3月期決算説明会を開催した中で「仮想通貨子会社SBIバーチャル・カーレンシーズの取引所開始時期は早ければ夏」と明らかにした。
代表取締役の北尾吉孝氏によると取り扱う通貨はBTC・BTC・ETH・XRPを想定しており、匿名通貨については一切やらないとした。
傘下で金融情報を提供するモーニングスターの今月リリースした暗号通貨情報アプリ「マイ仮想通貨」では暗号通貨取引所間の通貨の価格差がわかるようになった。そのうえで北尾氏は、通貨を売買する際の価格差、取引手数料を高く設定して儲ける、今の取引所のビジネスモデルを批判した。さらに「顧客も一度開設したからという理由で高い手数料設定の取引所を使い続けるのはよくない」として「SBIでは業界最小の手数料設定にし、業界トップとなる」と意気込みを見せた。
たしかに取引所の手数料は高い。中には送金にしか手数料がかからないと思っていた方もいるかもしれないが。コインチェックの高収益、資産で顧客への対応ができたのはそういった取...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け