NEM Catapult:ビジネス向けの現実的なプライベートDLTソリューション

2018 insert image 000359 670x200

以下、和訳です。He3Labsの技術チームに所属し、プライベートブラックチェーンを使って双方向型デモを開発した経験を持っているので、私は分散型台帳とそのビジネスにおける活用についての新しい視点を提供できるかもしれません。以前に私は、私的なビジネスデータをプライベートブロックチェーンで管理することで、いかに企業が利益を得られるかについて書きました。私自身もプライベートサーバー上で稼働するプライベートブロックチェーンを使ってソフトウェアを開発した経験があり、DLT(Distributed Ledger Technology/分散台帳技術)がどれほど自然にシステムにフィットするのかを見てきたので、私は次のように主張したいと思います。つまり、利便性の高いブロックチェーンは、必ずしもパブリックな分散化を必要としないということです。企業は、信頼性の高いプライベートなDLTによって大きなメリットを得ることができます。今日、私はDLT、特にNEMの最新版“Catapult”のオープンソースリリースが、いかに企業の既存の技術にフィットするかを検討し、次のような点に触れたいと思います。あらゆるビジネスにおいて、ユーザーエクスペリエンスの管理を行わなければなりません。
技術的な面では、ユーザーエクスペリエンスは、デスクトップやノートパソコン上のアプリケーション、モバイルアプリ、ウェブページ、インタラクティブキオスクなどの形態のフロントエンドによって担われています。フロントエンドは事業詳細をカラフルに表示したり、ユーザーが自身の情報やリクエストを送信することを可能にします。このデバイスは一般的にユーザーの手にあり、突き詰めれば監視やハッキングを受けやすいため、機密性の高いビジネス上の情報を扱うロジックはフロンドエンドでは担うことができません。フロントエンドはユーザーが通信するデバイスである一...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け