ウクライナ、マイニング規制対象外

R 3


記事のポイント

ウクライナ、マイニング規制対象外
マイニング

ウクライナのデジタル推進省は暗号通貨に関する公式文書を発表し、この中で暗号通貨マイニングに関しては規制しない見解を示した。同国は2019年12月に暗号通貨法が成立したほか、暗号通貨取引での税制の見直しを行うなど、同分野での規制環境整備に積極的な取り組みを見せている国の1つである。
 
ウクライナ、マイニング規制対象外
2月7日、ウクライナのデジタル推進省は暗号通貨に関する公式文書を発表し、この中で独自プロトコル・ネットワーク参加者によって監視・規制されている暗号通貨マイニングに関しては規制しない見解を示した。
同国は国内すべての暗号通貨関連活動の監視を開始すると発表し、暗号通貨取引所やウォレットサービスに関しても監視を強化し不正取引が確認された場合には厳格な処罰を行うことから、同国の健全化が期待された。今回の公式文書が発表されるまで、「暗号通貨を使用したすべての業務が執行機関の監視対象」とされていたことから...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け