UN Food Program to Expand Blockchain Testing to African Supply Chain

Wfp

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


国際連合世界食糧計画 (WFP) は、サプライ チェーン管理アフリカの中東の難民援助からテストの blockchain を拡大しています。
次のヨルダンの難民キャンプ-現金転送のための ethereum ベースのシステムの代理店のよく知られたパイロット-のビルディング ブロックとして知られているプロジェクト今計画東アフリカ、ロバート ・ Opp、WFP の食糧配達の追跡のための blockchain をテストするのには革新と変化のディレクターは語った CoinDesk です。
具体的には、新しいプロジェクトは、食品事業の多くがあるエチオピア ジブチの港、WFP が出荷を受け取るから食品の動きを監視します。
Opp は、パイロットが質問に答えるしようと言った:「私達によって効率が向上食品は、... を実証できるリアルタイムで知る




The United Nations World Food Programme (WFP) is expanding its blockchain testing from refugee aid in the Middle East to supply chain management in Africa.
Following the agency's well-publicized pilot of an ethereum-based system for cash transfers in Jordanian refugee camps – a project known as Building Blocks – it now plans to test blockchain for the tracking of food delivery in East Africa, Robert Opp, the WFP's director of innovation and change, told CoinDesk.
Specifically, the new project will monitor the movement of food from Djibouti's port, where the WFP receives shipments, to Ethiopia, where much of its food operations are located.
Opp said the pilot will seek to answer the question:

"Can we increase efficiency by knowing in real time where the food is, be able to demonstrate...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け