Ukrainian Parliament Proposes Taxing Crypto-Related Profits

Money ukraine e1512075558990

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ウクライナ議会住民の cryptocurrency 関連の利益に課税を開始したいです。
議員提案、cryptocurrency 関連利益個人の 5% の税金を実装して、商業エンティティを参照してください。これらの利益は、法案によるとだけでなく、収入の他の形態から個別に報告する必要があります。
さらに、商業エンティティに 2024 年 1 月 1 日、18% 先頭にジャンプの課税率を見る法案を渡す必要があります。
法案も示唆している「交換の意味または値のストアとして機能する、トークンの形で仮想資産」として国の課税コード内で cryptocurrency の概念を定義する dis のデジタル レコードの"フォームとして仮想資産を定義するだけでなく、exchange アカウントの単位の意味として使用できる鳥獣の元帳または.




The Ukrainian parliament wants to begin taxing residents' cryptocurrency-related profits.
Lawmakers proposed implementing a 5 percent tax on any cryptocurrency-related profits individuals and commercial entities see. These profits must be reported separately from other forms of income as well, according to the bill.
Further, commercial entities would see their taxation rate jump to 18 percent beginning on Jan. 1, 2024, should the bill pass.
The bill also suggests defining the concept of cryptocurrency within the country's Taxation Code as "a virtual asset in a form of a token, which functions as a mean of exchange or a store of value," as well as defining virtual assets as a "form of a digital record on the distributed ledger that can be used as a mean of exchange, unit of account or a...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け