国内金融機関、ブロックチェーンへの取り組み活発に[新生銀行]

A 11


記事のポイント

新生銀行とConsenSys、覚書を締結
個人資産運用を高度化


金融機関でのサービスの改善・見直しが行われ、利便性は急激に向上している。全国銀行資金決済ネットワークではブロックチェーン技術を活用した送金の実証実験が行われる予定で、そのサービスが提供されると24時間の即時送金や携帯電話番号での個人間送金なども可能になると期待が集まっている。そうした動きの中新生銀行はブロックチェーン企業ConsenSysと覚書を締結した。
 
新生銀行、ConsenSysと新たなサービス
株式会社新生銀行は11月6日、アメリカのブロックチェーン企業ConsenSysとブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結したことを発表した。
今回の基本合意により両社は業務・サービスにおいて、お互いのインフラやプロトコル、ConsenSysが持つ分散アプリケーションを活用していく。同行はこの覚書の締結をもとにブロックチェーン技術を基盤としたさまざまな金融サービ...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け