フィリピンの経済特区で高まる仮想通貨ライセンス需要、17企業がライセンス料を支払い済

Philippines crypto currency licenses eyecatch




目次1 仮想通貨ライセンスの認証の動きが盛んなフィリピンのCEZA2 仮想通貨ライセンス料で収益を上げる
仮想通貨ライセンスの認証の動きが盛んなフィリピンのCEZA
フィリピンのカガヤン経済特区(Ceza)では、仮想通貨ライセンスの認証が盛んだ。Cezaの運営者によると、オフショア企業のライセンスに対する関心は、すべて「予測を上回った」と述べた。既に17の企業がライセンスに必要な費用全額を支払い、19以上の企業がライセンス取得を計画中である。Cezaは、仮想通貨ライセンスの発行によって、およそ6,800万ドル(約75憶円)を得る見込みだ。
Cezaは以前、25の企業に対し、フィンテックソリューション・オフショア仮想通貨(FTSOVC)ライセンスを発行すると発表した。このライセンスによって、企業はその特区において、「フィンテック、仮想通貨、ブロックチェーンに関する事務所を設立することができる」とニュースメディアBitpinasで説明されている。
国営フィリピン通...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け