Google Moves to Protect Chrome Users From Cryptojacking and Hacks

Google chrome

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


Google は Chrome 拡張機能の開発者の厳密な規則にもたらしている、移動は暗号化ハックとマイニング マルウェアのリスクを減らす必要があります。
月曜日に発表、ウェブと科学技術の巨大な一連のクロムは、広範なアクセス許可を要求する拡張機能を処理する方法を変更を計画、Chrome Web Store 経由で拡張モジュールの配布はまた開発者のためのルールを厳しきます。
Google にブログの記事によると:「それはユーザーがインストールする拡張機能は、安全で信頼できることが重要ですプライバシーを維持しパフォーマンスの高い。ユーザー必要があります完全な透明性の拡張機能の機能とデータ アクセスのスコープについて。」

クローム 70 (ベータ版) では現在、ユーザーのサイトのカスタム リストに拡張機能のアクセスを制限するまたは requ に拡張機能を設定する能力があるでしょう.




Google is bringing in stricter rules for Chrome extension developers, a move should reduce the risk of crypto hacks and mining malware.
Announced Monday, the web and technology giant is planning a series of changes to the way Chrome handles extensions that request extensive permissions, and is also tightening the rules for developers distributing extensions via the Chrome Web Store.
Google said in a blog post:
"It's crucial that users be able to trust the extensions they install are safe, privacy-preserving, and performant. Users should always have full transparency about the scope of their extensions' capabilities and data access."

From Chrome 70 (currently in beta), users will have the ability to restrict an extension's access to a custom list of sites, or to set extensions to requ...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け