South Korean Telecoms Giant KT Has Built Its Own Blockchain

Cables

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


株式会社 KT、韓国で 2 つの最大の通信会社の一つは独自の blockchain ネットワークを立ち上げた ID の検証、データのローミングおよびエネルギー取引分野において技術を適用することを目指してします。
CoinDesk 韓国からの報告によると、事務所火曜日に明らかに、KT のネットワーク Blockchain、2,500 のトランザクション/秒 (TPS) の既存の高速ネットワークとの統合のおかげでのスループットを誇るします。
さらに同社による 2019 年までに 100,000 TPS などにも高く今年の終わりによっての 10,000 TPS にその数字をスケールできます。
打ち上げは、KT とそれが国際ローミング サービスを合理化するためにユーザーの id を認証するための技術を採用している今は言った。機能は、利用者情報 b をできるようになる.




KT Corporation, one of the two largest telecoms companies in South Korea, has launched a proprietary blockchain network, aiming to apply the technology across areas including ID verification, data roaming and energy trading.
According to a report from CoinDesk Korea, the firm revealed its KT Network Blockchain on Tuesday, boasting a throughput of 2,500 transactions per second (TPS) thanks to an integration with its existing high-speed commercial network.
The company further claims it can scale up that figure to 10,000 TPS by the end of the year and even as high as 100,000 TPS by 2019.
With the launch, KT said it is now looking to employ the technology to authenticate users' identities in order to streamline international roaming services. The feature would allow users' information to b...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け