Montana County Delays Decision on Bitcoin Mining Suspension

Electricity

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


米国モンタナ州それは今新たな展開の bitcoin マイニング取り組みを停止する必要があるかどうかを計量の郡はまで最終決定を下すことはありません、少なくとも 8 月。
ミズーラ郡委員会開催木曜日公聴マイニングへの新しい取り組みの提案 1 年間停止を決定することを目的として、関連する懸念に対処するより多くの情報が必要であることになった判決を延期によると、Missoulian。
原因のハイキング中 bitcoin マイニング農場の支持者は、地域住民のためこのような操作の作成ジョブ、他は、bitcoin マイニングによって生成されるノイズは、ローカルのプロパティ値を損なう可能性があります懸念を表明し、過剰なエネルギー消費のことと主張しました。電気料金、報告書による。
次の聴覚、郡委員会.




A county in the U.S. state of Montana that is weighing whether it should halt new and expanded bitcoin mining initiatives now won't make a final decision until at least August.
The Missoula County Commission held a public hearing on Thursday aimed to decide on a proposed one-year suspension of new mining initiatives, but postponed the ruling as it was decided that more information is needed to address relevant concerns, according to the Missoulian.
While supporters of bitcoin mining farms argued that such operations created jobs for local residents, others expressed concerns the noise generated by bitcoin mining may undermine local property values and that excessive energy consumption could cause hikes in electricity rates, the report states.
Following the hearing, county commissioners...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け