BitLicense Refugees: Kraken, ShapeShift CEOs Talk Escape from New York

Image uploaded from ios 4

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


ニューヨーク州の規制アプローチについて赤肉レトリックを聞きたい、炉辺の雑談と、配信のリーダーの値が最も率直 cryptocurrency 業界の 2 つの間の火曜日。
たとえば、ニューヨーク市の総意 2018年で観客応援変身 CEO エリック ・ ボーヒーズが規制の濫用の場合に州の BitLicense というケースを作るためのローカル アイコンを呼び出されたとき。
"ここで我々 は、自由の女神像から 2 マイルとそのライセンスなしの状態で CryptoKitties を売ることができません。それはここで起こったの不条理"と彼は言った。
ジェシー ・ パウエル、クラーケンの CEO、元ニューヨーク検事総長エリック ・ スナイダーを犠牲にしていくつかの笑いを得た。

とき Scheniderman のオフィスは (いくつかの他の取引所) と一緒にクラーケンに情報の要求を送信.




If you wanted to hear red-meat rhetoric about New York State's regulatory approach, a fireside chat Tuesday between two of the cryptocurrency industry's most outspoken leaders delivered.
For example, the audience at Consensus 2018 in New York City cheered when ShapeShift CEO Erik Voorhees invoked a local icon to make the case that the state's BitLicense was a case of regulatory overreach.
"Here we are two miles from the Statue of Liberty and you cannot sell CryptoKitties in the state without that license. That's the absurdity of what's happened here," he said.
And Jesse Powell, the CEO of Kraken, got some laughs at the expense of former New York Attorney General Eric Schneiderman.

When Scheniderman's office sent a request for information to Kraken (along with several other exchanges)...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け