Softbank Completes Blockchain PoC for Cross-Carrier Mobile Payments

Softbank e1536742118422

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


日本通信大手ソフトバンクが、blockchain の概念実証 (PoC) 別のキャリアにまたがる P2P モバイル決済をできるを完了しました。
ソフトバンクは水曜日と述べた、シンクロノス、日本の豊富な通信サービス (RCS) と呼ばれる SMS 交換通信プロトコルを配信ナスダック上場会社と同様に、TBCASoft、blockchain スタートアップとの提携で技術が開発されました。
パートナー発表に基づいて、特に参加航空会社全体で分散ネットワークと RCS を統合 blockchain ベース PoC を共同で作成しています。
システムは、マルチ メディア コンテンツ、ドキュメントおよび声を送信するなどの機能の豊富なプールと伝統的な SMS テキスト messging システムを交換するために携帯電話会社の間で展開するものです.




Japanese telecoms giant Softbank Corp. has completed a blockchain proof-of-concept (PoC) that allows P2P mobile payments across different carriers.
Softbank said on Wednesday the technology was developed in partnership with blockchain startup TBCASoft, as well as Synchronoss, a Nasdaq-listed firm that delivered a SMS-replacement communications protocol called Rich Communication Service (RCS) in Japan.
Based on the announcement, the partners jointly created the blockchain-based PoC, which notably integrates RCS with a distributed network deployed across participating carriers.
The system is intended to be deployed among mobile carriers in an effort to replace the traditional SMS text messging system with a richer pool of features, such as sending multimedia content, documents and voices...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け