SonyMusic、ブロックチェーン・AI活用の音楽政策プラットフォーム

Q 8


記事のポイント

SONYMusic,音楽政策プラットフォームオープン
AIやブロックチェーン技術を活用
技術開発や実証実験を継続

4月5日、株式会社ソニー・ミュージックエンタテイメント(SME)は、音楽制作に携わるクリエイターの作業効率を向上させ、創作活動を支援する音楽政策プラットフォーム[soundmain(サウンドメイン)]のティザーサイトをオープンしたことを発表した。
 
[soundmain]のティザーサイトオープン
同プラットフォームは、ソニーグループが持つブロックチェーン・AIなどの技術と、ソニーミュージックグループが持つ音楽制作・権利情報処理の経験を活用して開発が進められているものである。今回オープンしたのは「ティザーサイト」とあるように、正式なものではなく、正式オープンまでに同プラットフォームの情報を随時更新し閲覧者の興味を引くためのものとなっている。
 

ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け