Move 'Em Out: ICOs Don't Seem So Scary Outside the US

Img 1480

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


『 Ico 』 の発行者は、店をセットアップする米国の外の司法権をし始めています。
規制の不透明性、および米国証券取引委員会 (SEC) はアイコスと資本技術を調達を取り巻く業界の調査を始めているが、まだそれが暗号トークンを調整する方法の正式な決定をするには、環境で、発行体やその他のステーク ホルダーは他の管轄区域のプロジェクトを起動するための良いベットを見つけています。
Blockchain 週の間に他の場所もなかったトークン サミット III (元のイベント起こった一年前) により熱いトピック 5 月 27 日にニューヨーク市で。
ステージ上とオフ、起動の両方の創設者、弁護士、投資家は執行機関がどのように簡単の市場ブーム f を知っている環境に行くために方法についての強い意見を持っていた.




ICO issuers are starting to look to jurisdictions outside the U.S. to set up shop.
In an environment of regulatory uncertainty, where the U.S. Securities and Exchange Commission (SEC) has begun investigating ICOs and the industry surrounding the capital raising technology but has yet to make a formal decision of how it will regulate crypto tokens, issuers and other stakeholders are finding other jurisdictions a better bet for launching their projects.
And no other place during Blockchain Week was the topic hotter than at Token Summit III (the original event took place a year ago) on May 27 in New York City.
Both on stage and off, startup founders, attorneys and investors had strong opinions about how far to go in an environment where enforcement agencies know how easy the market boom f...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け