Barclays Is Pitting Blockchains Against Each Other (For a Cause)

Shutterstock 1062402209

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


英金融大手バークレイズが挑戦の新進気鋭 blockchain プログラマーに来月、ハッカソンで世界のデリバティブ市場を見直すのに役立ちます。
排他的に CoinDesk を明らかにした、DerivHack で行われる同時にロンドンとニューヨーク 9 月 20-21 のバークレーズの上昇加速器スペースに。国際スワップ ・ デリバティブ協会 (ISDA)、デロイト、トムソン ・ ロイターがイベントを協賛します。
それらの撮影部分は ISDA の共通ドメイン モデル (CDM)、プロセスのセットを適用する求められます、効率的にモデル化する分散元帳 (DLT) の技術プラットフォームの彼らの選択を使用して、データ規格取引後処理をめぐるデリバティブ契約の。
CDM は、データの提示および異なった会社およびプラットフォーム間で報告された方法を調和しようとします。など、採用.




U.K. banking giant Barclays is challenging up-and-coming blockchain coders to help revamp the global derivatives market at a hackathon next month.
Revealed exclusively to CoinDesk, DerivHack will take place simultaneously in London and New York on September 20-21 at Barclays' Rise accelerator spaces. The International Swaps and Derivatives Association (ISDA), Deloitte and Thomson Reuters are co-sponsoring the event. 
Those taking part will be asked to apply ISDA's Common Domain Model (CDM), a set of process and data standards, using their choice of distributed ledger technology (DLT) platform, to efficiently model post-trade processing of derivatives contracts. 
CDM attempts to harmonize the way data is presented and reported across different firms and platforms. As such, its adoption...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け