This Crypto Vending Machine Can Tell If You're 21 And Sell You Beer

Screen shot 2018 05 10 at 5.05.11 pm

「われわれは間違いなくいないビール自動販売機ビジネスで。」
それが何かを明確にする暗号技術会社のためのマーケティング マネージャーを期待できないが、シビック、2016 年に起業家と「サメ ・ タンク ・ サウス ・ アフリカ」星ビニー Lingham によって設立されたスタートアップを議論するときは必要なおそらく今。
金曜日に発表した、サンフランシスコ拠点のスタートアップは、次の週を世界の最初「暗号ビールの自動販売機」CoinDesk の総意 2018年に発表する予定に。ノーギミック、シビック見てプロトタイプ構築、ブランドの飲料との提携で巨人アンハイザー ・ ブッシュ、blockchain ベースの id 検証方式の有用性を示すための方法として。
一言で言えば、すべての会議出席者が法定年齢に達しているかどうかを確認することができます彼らの市民のアプリを持つマシンに上がってことができるでしょうし、.





"We're definitely not in the beer-vending business."
That might not be something you'd expect the marketing manager for a crypto tech company to clarify, but it's perhaps now necessary when discussing Civic, the startup founded by entrepreneur and "Shark Tank South Africa" star Vinny Lingham in 2016.
Announced Friday, the San Francisco-based startup will unveil the world's first "crypto beer vending machine" at CoinDesk's Consensus 2018 next week. No gimmick, Civic sees the prototype, built and branded in partnership with beverage giant Anheuser-Busch, as a way to demonstrate the utility of blockchain-based identity verification schemes.
In short, any conference attendee will be able to walk up to the machine with their Civic app, where they can verify whether they are of legal age and...



※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け