Ethereum's Biggest Enterprise Group Is Releasing New Software Specs

Circle

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


エンタープライズ Ethereum 同盟 (EEA) 仕様-調和の大企業は、第 2 位の blockchain のプライベート バージョンを使用する方法を次の手順の最新のラウンドをリリースしました。
Devcon4、毎年恒例の ethereum 開発者会議で月曜日に発表した EEA (最大 blockchain コンソーシアム、500 人のメンバーと) リリース ethereum プログラマーは、次の一般的なことを確認する認証プロセスを産むクライアント仕様バージョン 2、基準。
さらに、EEA Off チェーン信頼された計算仕様のバージョン 0.5、データをいくつかの元帳を信頼できる環境に、blockchain から流用する方法を解放または標準のアプリケーションを介して神託として知られている外部のソースからのパイププログラミング ・ インタ フェース (API)。
これらの差分アリの究極の目標は.




The Enterprise Ethereum Alliance (EEA) has released its latest round of specifications – the next steps to harmonizing the way large companies use private versions of the second-largest blockchain.
Announced Monday at Devcon4, the annual ethereum developer conference, EEA (the largest blockchain consortium, with 500 members) released its Client Specification Version 2, which lays out a certification process to ensure ethereum coders are following common standards.
In addition, the EEA released the Off-Chain Trusted Compute Specification Version 0.5, a way for data to be diverted from the blockchain to some off-ledger trusted environment, or piped in from external sources known as oracles via a standard application programming interface (API).
The ultimate goal of these incremental ali...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け