仮想通貨市場の上昇続く、米国の確定申告終了で勢いか

725 ly9jb2ludgvszwdyyxbolmnvbs9zdg9yywdll3vwbg9hzhmvdmlldy9intiwy2qzntniztmynme2ngiyy2qyzje5mtu1ngm5ns5qcgc=


 仮想通貨市場は20日も上昇の動きが続いた。Coin360のデータによれば、ビットコイン(BTC)は8500ドル以上となり、イーサリアムは600ドルに近付いている。

 BTCは記事執筆時点で約8549ドルで取引されており、過去24時間で3%の上昇だ。3月25日以来の水準となった。

 BTCのドミナンスは今日も下がり、現在は38.5%ほどになっている。BTCのドミナンスが40%近辺になったのは、3月1日以来だ。

 イーサリアムは過去24時間で約10%上昇し、約591ドルで取引されている。3月16日以来の水準だ。

 コインマーケットキャップ上の仮想通貨上位10種類のうち、リップル(XRP)が最も上昇した。過去24時間で20%上昇し、現在の価格は約0.87ドルだ。
 ファンドストラットのトム・リー氏は18日、自身のフォロワーへの質問ツイートを投稿した。米国での確定申告締め切り日(17日)が過ぎ、ビットコインの価格が今年7月にいくらになるかと質問した。リー氏は、米国での確定申告前に大量の仮想通貨が売りに出されたことが、年明け以降の相場低迷の理由だと指摘していた。
 質問した結果、多くのフォロワーは6月までにビットコインの価格が1万2000ドルまで達すると予想した。リー氏は「税金の問題が終わった」ことと「メジャーな投資家の登場による」ものとしている。

CRYPTO POLL: Final tally (thank you for voting!)... 64% see #BTC >$12,000 by mid-year. While we have no baseline (is this contrarian or confirming), multiple and growing arguments for why Bitcoin >$12K by Summer. Tax issue done. Headline risk fading. Major investor coming. https://t.co/8tuj8J1LjL
— Thomas Lee (@fundstrat) April 19, 2018


(仮想通貨投票:最終集計結果(投票ありがとう!)…64%が今年前半までにBTCが1万2000ドル以上になるとみている。私たちは確かな基準があるわけではないが(これは逆張りだろうか)、なぜ夏までにBTCが1万2000ドルまでいくのか様々な議論ができるだろう。税金問題はおあわった。ニュースによるリスクも後退している。メジャーな投資家も登場するだろう)
 この1週間、ウォール街から仮想通貨業界への人材流入がいくつかあった。おそらく機関投資家による仮想通貨市場への投資が始まれば、市場にポジティブな影響を与えるだろう。
 コインマーケットキャップの上位75種の仮想通貨のうち、この強気相場で価格を下げたのはDigBiteのみだった。過去24時間で0.5%下落し、0.03ドルで取引されている。皮肉なことに、リー氏のアンケートに答えたフォロワーの1人は、DigiBiteを「未来の仮想通貨」だとプロモーションしていた。

Now Thomas.. What you should be asking is where will #DigiByte be... The future of Cryptocurrency is #DigiByte! 😁
— LTC DGB J (Not financial advice) (@DGB_...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け