Muh Monopoly! How a Banker's Talk Sparked All Kinds of Crypto Mockery

13113821335 6f99de478c k e1530784209138

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


「停止お金を作成しようとすると、」cryptocurrency メーカーに言った最後の週、アグスティン Carstens、頭国際決済銀行 (BIS) の広く考えられている-の中央銀行の中央銀行
暗号コミュニティに速やかにフィールドの日がこれらの発言があった。
ビスの頭が、日 cryptocurrencies に向けて主に敵対的な調子を採用します。戻って 2 月に、彼と呼ばれる bitcoin「バブル、ネズミ講と環境災害の組み合わせ」講義中。
Carstens は確かに彼の見解だけではないです。億万長者ウォーレンバフェット氏は、たとえば、その bitcoin は今年を言った「ラット毒乗、"その bitcoin は"詐欺"である (ただし、後で彼はこれらの発言を発行する後悔したと述べた) jp モルガン ・ チェースの CEO のジェイミーダイモンは 2017 年に有名な宣言しながら。

車.




Last week, Agustin Carstens, the head of the Bank of International Settlements (BIS), widely considered the central bank of central banks – told cryptocurrency makers to "stop trying to create money."
And the crypto community promptly had a field day with those remarks.
The BIS head has, to date, adopted a largely hostile tone toward cryptocurrencies. Back in February, he called bitcoin "a combination of a bubble, a Ponzi scheme and an environmental disaster" during a lecture.
Carstens isn't alone in his view, to be sure. Billionaire Warren Buffett, for example, said earlier this year that bitcoin is "rat poisoned squared," while JPMorgan Chase CEO Jamie Dimon famously declared in 2017 that bitcoin is "a fraud" (though he later said he regretted issuing those remarks).

And while Cars...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け