Factom Blockchain Project Wins Grant to Protect US Border Patrol Data

Camera

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


米国国土安全保障省 (DHS) は、代理店が金曜日に発表した $ blockchain プロジェクト Factom 国境パトロールのカメラやセンサーからデータを保護する目的としたプラットフォームのベータ テストをサポートするために 192,380 の助成金を授与します。
アニル ジョン、アイデンティティ管理の研究と開発プログラム ・ マネージャー DHS の科学」Factom の作業の初期段階に選択アーキテクチャと設計上の決定、既存技術と blockchain を統合することで固有伝えている」と述べたと技術部門、ニュース リリースで。「フェーズ IV Factom 展開と税関国境保護局 (CBP) の運用上の影響を理解する現実的なフィールド環境でこの技術」
Factom、テキサス州ベースのスタートアップは、上院によって収集されたデータを統合する技術を取り組んでいる.




The U.S. Department of Homeland Security (DHS) has awarded a grant of $192,380 to blockchain project Factom to support beta testing of a platform aimed to secure data from Border Patrol cameras and sensors, the agency announced Friday.
"The early phases of Factom's work has informed architecture choices and design decisions inherent in integrating blockchain with existing technologies," said Anil John, Identity Management Research and Development Program Manager at the DHS Science and Technology Directorate, in a news release. "In Phase IV, Factom will deploy this technology in a realistic field environment with Customs and Border Protection (CBP) to understand its operational impacts."
Factom, a Texas-based startup, is working on a technology that integrates data collected by the sens...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け