【オピニオン】ノードがアップルからグーグルまでハイテク大企業を駆逐する

1200 ahr0chm6ly9zmy5jb2ludgvszwdyyxbolmnvbs91cgxvywrzlziwmjitmtavndyymzfjzjmtmty1ni00nwu5lwi2mdutnzuxmji0ymq5mde2lmpwzw==


マーク・アンドリーセン氏の2011年の画期的なエッセイ「Why Software Is Eating the World」は、執筆当時も高く評価されていたが、当時思っていた以上に予言的であることが証明されている。ソフトウェアが現代生活のほぼすべての側面で非常に重要であることを証明された10年間、アンドリーセン氏は、企業が好むと好まざるとにかかわらず、今やすべての企業が表向きにはソフトウェア企業であると主張した。



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け