Ohio Becomes Latest US State to Legally Recognize Blockchain Data

Ohio flag e1533628890801

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


オハイオ州は、合法的にデータ格納し、blockchain で処理を認識するため最新の米国状態になりました。
ニュースは、状態から議員は、新興技術の安全な港を提供するために入札で電子記録と blockchain データとスマート契約を治療しようとすると、5 月に法案を提出した後に来る。
その法案 (SB 300) から文言の一部後、6 月に州の上院によって承認され、最後に知事によって法律に署名したオハイオ州金曜日、月曜日の公開リリースによると立法 (SB200) の後で作品に組み込まれました。
渡されると、オハイオ州の統一電子取引法改め状態に前のバージョンから"レコードまたは blockchain の技術で保護されている契約と見なされ、電子形式で.




Ohio has become the latest U.S. state to legally recognize data stored and transacted on blockchain.
The news comes after lawmakers from the state introduced a bill in May that sought to treat blockchain data and smart contracts as electronic records in a bid to provide safe harbor for the emerging technology.
Part of the wording from that bill (SB 300) was later incorporated into a later piece of legislation (SB200), which was approved by the state's senate in June and finally signed by the governor into Ohio law on Friday, according to a release published Monday.
As passed, Ohio's Uniform Electronic Transactions Act has been amended from the prior version to state that "a record or contract that is secured through blockchain technology is considered to be in an electronic form and to...


Attribution sans language
つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け