世界経済の雲行きは怪しいが仮想通貨は安泰、ラガルドIMF専務理事が今後を予測

Imf crypto assets stable eyecatch




国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は、世界経済先行きは「日ごとに暗くなっている」(ロイター:2018年6月11日)との見解を表明した。
ラガルド専務理事は、6月8~9日開かれたG7で、トランプ米大統領が共同声明に署名しないで閉幕したという異例の事態にコメントした。ラガルド氏はトランプ氏の貿易政策を遠回しの表現で批判し、現行の貿易慣行に挑戦することは、ビジネスの信頼を傷つけるものだと述べた。同氏はここでも、仮想通貨にも触れて、その行き先に楽観視しているとの持論を展開した。
目次1 2018,19年世界成長は3.9%予想変えないが、世界経済は下振れ2 仮想通貨の利点をIMFブログで強調、将来を楽観視2.1 迅速さと低コスト2.2 より良いバランス2.3 公正なアプローチ
2018,19年世界成長は3.9%予想変えないが、世界経済は下振れ
IMFは、2018年と2019年の両年の世界成長を3.9%との予測を変えていないが、ラガルド氏は「6ヵ月前...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け