警察庁[犯罪収益移転危険度調査書]を公表[資金洗浄]

W 9


記事のポイント

警察庁[犯罪収益移転危険度調査書]を公表
昨年までの主な調査結果[暗号通貨関連]
2019年の主な調査結果[暗号通貨関連]
暗号通貨そのものへの評価

12月19日、警察庁は[犯罪収益移転危険度調査書]を公表した。この中で2018年中に暗号通貨の交換業者が不正アクセスなどを受け外部に不正送金された金額が約677億3820万円相当に上ることが明らかとなった。

資金洗浄  マネー・ロンダリング(Money Launderingとは犯罪によって得た収益を、その出所や真の所有者が分からないようにして、捜査機関による収益の発見や検挙を逃れようとする行為。資金洗浄を放置すると、犯罪による収益が、将来の犯罪活動や犯罪組織の維持・強化に使用され、組織的な犯罪及びテロリズムを助長するとともに、経済の健全な成長・発展へ重大な悪影響を与えるとされており、世界全体で防止対策が講じられている。

 
昨年までの主な調査結果[仮想通貨評価]
日本での資金洗浄等に関するリスクは常に...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け