Coinbase, Ripple Blast Company Creating Tokens in Their Name

Megaphone

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。


2018 年 6 月 13 日更新: ロビンフッドその"企業として、ロビンフッドは、群れを認識しませんまたはロビンフッドの持分をトークン化するため、そのような計画ステートメントで CoinDesk に言った。我々 で所属していない群発にどんな方法、形または形。」

群れは、顕著な blockchain ベンチャーに資本を表す新しい「持分トークン」を開始したことを水曜日に発表した Blockchain 起動時よう Coinbase とリップル-これら企業が考えに対して素早くプッシュ バック。
「プライベート ・ エクイティの blockchain「会社最高経営責任者フィリップ ・ パイパー トークン投資の「民主化」と"どんな群れ投資家のいくつか株式を保持すること声明で説明すると、新しいトークンのプロジェクトを記述するブログ記事を公開今日の最も著名なハイテク ベンチャー。」
声明では、ためのスポークスマン.




Update 13 June 2018: Robinhood told CoinDesk in a statement that "As a company, Robinhood is not aware of Swarm, or any such plans to tokenize equity in Robinhood. We are not affiliated with Swarm in any way, shape or form."

Blockchain startup Swarm announced Wednesday that it was launching new "equity tokens" that would represent equity in notable blockchain startups like Coinbase and Ripple – but those companies have pushed back swiftly against the idea.
The "blockchain for private equity" company published a blog post describing its new token project, with chief executive Philipp Pieper explaining in a statement that the tokens "democratize investing" and allow "any Swarm investor [to] hold equity in some of today's most prominent tech startups."
In a statement, a spokesperson for ...


Attribution sans language
つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け