バイナンスなど取引所を受け入れたマルタ島が目指す仮想通貨天国(ハブ)づくりの構想

Malta cryptocurrency island eyecatch




世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の本拠地を香港から受け入れた地中海のマルタ島は今、仮想通貨の世界的ハブになる構想の実現に向けて懸命に努力している。
欧州連合(EU)に属する欧州の小国マルタ政府は、多くの国の規制当局が規制上でいろいろ心配している仮想通貨に対して、世界で最もフレンドリーな法域になって、経済発展を目指している。
目次1 マルタに仮想通貨の専門職や経済基盤を誘致する2 マルタは世界の仮想通貨市場の中心的存在になる3 ペーパーに紙幣の価値を与えたように電子保存システムにも
マルタに仮想通貨の専門職や経済基盤を誘致する
世界の国々が仮想通貨について、相反する2つの考え方を持っている中で、マルタは個人やバイヤーが長期にわたって安心して取引できるルールを策定しようとしている。策定中のガイドラインは、ブローカー、取引所、資産運用者、トレーダーの役割、幅広い規制の中で利益を上げてもらう枠組みそのものである。
マルタ連邦政府は、その書類の中で...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け