金融庁、偽造キャッシュカード等による被害発生状況[セキュリティ]

Z 8


記事のポイント

金融庁、偽造キャッシュカード等による被害発生のとりまとめ
被害発生等の状況と犯罪収益移転危険度調査書
セキュリティ対策の重要性

金融庁は偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況についてのとりまとめを公表した。警察庁の注意喚起や犯罪収益移転危険度調査書にあるように、デジタル化が進んでいる現在では金融犯罪もデジタル化が進んでおり、これまでの偽造キャッシュカードや盗難キャッシュカードを利用した犯行からネットバンキングでの犯行へ移行しつつある。利用者は犯行手口を確認するとともに、対策を取ることが重要である。
 
金融庁、偽造キャッシュカード等による被害発生のとりまとめ
12月20日、金融庁は偽造キャッシュカード等による被害発生等の状況についてのとりまとめを公表した。これは偽造キャッシュカード、盗難キャッシュカード、盗難通帳及びインターネットバンキングによる預金等の不正払戻し等の被害について、各金融機関からの報告をもとに被害発生状況及び金融機関による保証状況...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け